ふるさと納税 確定申告


ふるさと納税は応援したい地域に寄付をすることによって、お礼品としてその地域の特産品や家電製品などをもらうことができます。それだけでなく、ふるさと納税では、寄付した金額、所得や家族構成などにあわせて所得税、住民税の控除を受けることができます。そして控除を受けるには確定申告が必要です。

確定申告とは1月1日~12月31日までの全ての所得の金額と所得税と復興特別所得税を定められた申告期限中に確定申告書を提出することです。サラリーマンやOLの場合、会社で所得税を計算して天引きしているため、会社勤めの人には確定申告は縁の薄い手続きでしょう。しかし個人事業朱では一般的に確定申告が必要です。確定申告をすることによって控除を受け、それによって納めすぎた所得税が返ってきます。

ふるさと納税を行った場合は、まず申告書を入手する必要がありますが、これは寄付をした自治体から送付されます。そして確定申告を行うための寄付受領証明書や源泉徴収票などの書類等を揃えます。確定申告の時期は、毎年2月16日~3月15日です。その期間内に税務署の窓口で申告を行うことよって控除を受けられます。

なお、ふるさと納税の控除については確定申告を行わなくても、ふるさと納税ワンストップ特例の制度を活用することで控除を受けることができます。納税ワンストップ特例は申請用紙とマイナンバーおよび本人を確認できる書類の写しを、ふるさと納税を行っている自治体に送ることで申請できます。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|