ふるさと納税 家電

ふるさと納税と聞くと、寄付をした自治体の特産品がお礼品としてもらえるというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

たしかにふるさと納税のお礼品のランキングなどを見ると、お肉やお米、果物といったその土地の特産品が上位ランキングを占めていますが、地域によってはテレビやカメラ、空気清浄機といった家電製品をお礼品にしている地域もあります。

2015年からふるさと納税は税金で控除される金額が倍になるなど、寄付をするメリットが大きくなったことから、利用者が増加しています。そして寄付の増加の理由として魅力的なお礼品があげられることから、各自治体でお礼品にいろいろな工夫をするようになってきているのです。

特産品の場合、人気のある特産品がある地域とそうでない地域で大きな差が生じています。その結果、2016年頃から、その地域の特産品を使うということにこだわらず、地域とまったく関係のない家電製品をお礼品にする自治体も多くなってきているのです。

家電製品は、自分で使うだけでなく、換金率が高いことから人気があり、そのために家電製品をお礼品にする地域も増えてきています。なお、家電製品をお礼品にする地域では、地域に全く関係のない家電製品を利用するところがある一方、家電製品の本社があったり、工場があるなど、その地域で生産されている家電製品を利用している自治体もあります。






|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|