ふるさと納税とは


税金には国税と地方税があり、所得に応じて税金を支払う所得税は国税です。一方、地域に税金を納める住民税は地方税で、この地方税=住民税が地域の街づくりや住民サービスなど施政の財源となります。そのため人口が多い街では財源が大きくなりますが、人口が少ない町では財源は小さくなり、地域によって住民サービスや街づくりの差が生まれます。

ふるさと納税とは、そんな地域の財源の格差対策のために生まれた制度です。ふるさと納税とは「納税」という名称がついていますが、実際には地域づくりに貢献することができる寄付のことです。ふるさと納税によって寄付された資金は、子育て支援や文化財のメンテンナンスや保護、街づくりなどに利用されます。ふるさと納税は単なる寄付と異なり、もらう方にも、寄付をする方にもメリットがあるのが特徴です。

もらう方は財源を確保するというメリットがありますし、一方、寄付をする方にも所得税・住民税の控除を受けることができる、地域の特産物をお礼品として受けとることができるといったメリットがあります。寄付に対してお礼品がどのくらいあるのかを示す数値として還元率がありますが、地域によって特産物のリピート購入を目的として、還元率100%を超える、寄付以上のお礼品を用意するところもあり、人気になっています。

ふるさと納税は、自分の地元を助けたいという気持ちで行う人も多くいますが、お礼品を目的に行う人も多くいるため、自治体ではお礼品に家電を利用するなど、工夫を行っています。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|