ふるさと納税 限度額


ふるさと納税は応援したい地域に寄付を行い、その寄付によってその地域の活性化につながるというシステムです。

ふるさと納税には、地域にとってお礼品が用意されており、魅力的なお礼品を用意している地域では多くの寄付が寄せられています。そんなふるさと納税ですが、無制限に寄付ができるというものではなく限度額があります。というのもふるさと納税では寄付をすることによって所得税や住民税の控除を受けることができるためです。

ふるさと納税によって控除される金額は、年収や家族構成などによって異なり、自己負担金である2000円を引いた額が控除額となります。そして所得税からの控除はふるさと納税を行った年の所得税から控除され、住民税の控除は、ふるさと納税を行った翌年度の住民税から控除されます。

所得税からの控除の計算式は(「ふるさと納税額)-2,000円)×「所得税の税率」となり、ふるさと納税額は総所得金額等の40%までが上限となっています。

一方、住民税の控除の計算式は基本分については(「ふるさと納税額」-2,000円)×10%となり、ふるさと納税額は総所得金額等の30%が上限となっています。

なお、住民税には基本と特例分があり、特例分については特例分が住民税所得割額の2割未満であれば、(「ふるさと納税額」-2,000円)×(100%-10%(基本分)-「所得税の税率」)といった計算式となり、特例分が2割を超える場合は(住民税所得割額)×20%となります。

税率は地域によって異なるため、ふるさと納税の限度額を正しく確認するには、現在住んでいる地域の市区町村の窓口などで税率を確認した上で計算をした方がよいでしょう。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|